プレスティアゴールドに申し込んでみた

留学準備

 

SMBC信託銀行プレスティアのサービス

プレスティアゴールドに申し込みました。

 

条件は

  1. 月額平均残高1000万円相当以上
  2. 外貨建て商品などの資産運用を考えている

2の条件の確認のために

オンラインデスクに電話で依頼をする。

0120-41-0956

 

窓口の担当の人に

外貨での運用の予定があるかどうかを聞かれるので

「あります。」と答えて終了。

 

翌日くらいに電話で

プレスティアゴールドに適応される予定となったことを

電話で連絡いただいた。

 

プレスティアゴールドになると

デビットカードのGLOBAL PASSが再度発行となるので

その申し込み用紙が自宅に送られてくる。

 

おかげでポイント還元率の良い

通常のグローバルパスカードに

再発行手数料なしで交換することができた。

 

ANAマイルを貯めている人でも

うっかりANAマイレージクラブ

GLOBAL PASSを発行しないように

還元率が1万円で1マイルとまさかの0.01%なので注意してほしい

 

申し込んで数日後に

プレスティアゴールドのGLOBAL PASSが到着

 

f:id:itsumohashiru:20210228183723j:plain

 

プレスティアゴールドの特典

・国内円振り込み手数料無料

・海外電信送金手数料無料

・外貨現金取扱手数料無料

 

 海外への送金手数料無料がありがたい。

必要な外貨はYJ FX!でドルに両替して(スプレッド3銭)

プレスティアで現受け(1回につき1500円)

そして送金やデビットカードでの支払いに使用する予定。

 

ではでは。

品川近視クリニックでICL手術前の検査をしてみた

品川近視クリニックで

ICL手術前の検査をしてきました。

 

予約の時間に来院して、問診票を記載。

完全予約制なので待ち時間はなし。

 

最初にレーシック手術をした友人からのクーポン

提示して、2万円引きになりました。

 

検査・手術・検診含めて44万円なり。

 

乱視矯正があるとだいたい+10万円

近視度数-5Dより悪い場合はだいたい+10万円

で66万円くらいになるようです。

私はこれらのオプションなし

 

 

眼科の検査でお馴染みの気球を覗き込むやつや

眼圧を測る検査など1時間程度かけて色々と検査

 

最後に視力検査をして度数を決定しました。

 

私は角膜の形状があまり良くないらしく

レーシック手術はできないとのことで

予定通りICL手術を行う方針で検査が終了。

 

そのあと

手術前後の注意点(運動禁止、風呂禁止)

 

手術後の影響

ハローグレア:光の輪っかが見える

老眼の自覚が早い

などの説明や感染やレンズがズレるなど

リスクの説明を受ける。

 

内容に納得が行けば

最後に医師の診察を受けて、手術用のレンズをオーダーする。

 

手術用のレンズをオーダーするときに

内金19万円が発生し、

こちらはキャンセルしてももう返金されないとのことで

この段階で手術の覚悟を決める必要がある。

 

手術の日程は、レンズが到着する日程と

手術予約が空いている日を病院側が確認してから

後日電話連絡をくれるとのことになった。

1-3週間後が目安とのこと

 

国内にレンズの在庫がない場合は

長い場合は2−3ヶ月のこともあるそうだ。

 

 

手術の同意書と

手術前後に使用する抗生剤の点眼薬を受け取って帰宅。

 

メールでなくて電話で連絡が来るのが面倒ではある。

 

次はいよいよ手術ですね

ではでは

Huel が届いたのでレビュー

完全栄養食の

Huelがイギリスより到着した

 

到着まで20日かかってしまった

2度問い合わせをして

配達遅延でごめんなさいと言っていたので

通常はもっと早いのだろう。

 

定期便で頼むと10%オフ

頼んだのは糖質OffのBlack edition パッケージおしゃれ

バニラ味とチョコレート味を1パックずつ購入

9750円 1食分で287円 安い

f:id:itsumohashiru:20210131175942j:plain

 

初回の注文だと

Tシャツとシェーカーをおまけでつけてくれている。

f:id:itsumohashiru:20210131180242j:plainf:id:itsumohashiru:20210131175946j:plain

 

完全栄養食ということで

26種類の必須ビタミン・ミネラル配合

 

1食 400kcal 

P(タンパク質) : F(脂質) : C(炭水化物) = 39g : 18g : 24g

 

P 48%

F 29%

C 8% 

Black editionは糖質offモデルなので

糖質が極端に少ないですね。

カロリーも1食分で400kcalと少なすぎるので

バナナとか、おにぎりとか、パンとかを付け加えると

ちょうど良くなるかもしれません。

 

朝食あるいは昼食をこれと置き換えたり

間食にこれを使用したりするのが良いかなと

 

ちなみに私は水道水500mlで作成している。

バニラ味の方が

チョコレート味より好みなので

次回はバニラ味を2袋購入することにした。

 

めちゃくちゃ美味いというほどではないが

不味くはない。

これを食べるのが楽しみになるレベルではない味である。

水道水で作っているので仕方がない。

 

牛乳で作ったらもっと美味しいだろう。

ちなみに先に水を入れてから粉を入れて専用シェイカーで

作成すると全くダマにならない。

 

シェイカーが優秀なのでもう一つ購入することにした。

豆乳や牛乳で作ることがあれば

またレビューしたいと思う。

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

小さなダイエットの習慣を読んだのでレビュー

小さなダイエットの習慣を読んだ。

面白すぎるし、実践的で一気に読み進めた。

  

 

もっとも印象に残ったのは

 

なぜダイエットをしていると

それを阻害してくる人がいるか

 

言語化してくれている部分。

 

周りの人は

健康的な食生活を楽しむ人を見ると

 

その人が食べているサラダのレタスに説教されている気分になる

と表現している。

 

つまり上記の理由で自分が不快になるから

それを解消するために

からかったりしてくるのだという。

 

勉強している人を邪魔する少年も

同じ理屈なのだと

非常に納得できた。

 

今まではこの理論を言語化することができていなかった。

 

真の友はみんなと同じものを食べるかで

あなたを評価しないのだ

食べたいものを食べよう

 

 

以下興味深かった点をまとめる。

 

・果物を食べる 水だらけ

・加工食品を食べない 水ほぼなし

・運動の目的はカロリー減少ではない

・何かを諦めるのではなく、もっと優れたものを取り入れる。

・できないではなく、しないで選ぶ

・躊躇いなく残す 自己決定

NEAT(Non Exercise Activity Therogenesis)が重要

・食べる量を減らすのではなく、健康的なものを食べる

・嫌いなものは食べない

・健康のためのヒーロー食品を決める

 

・果物を食べる 水だらけ

これはマッスルグリルのシャイニー薊さんもおっしゃっている。

果物はびしょびしょに濡れちゃっているから

お腹いっぱいになる

満足度が高いのである。

 

・加工食品を食べない 水ほぼなし

水分含有量が低く満足度が低い

さらに栄養価も低い

安価で、糖質、脂質たっぷり

美味しく作られている。

距離を置こう カップ麺とかポテトチップスとかね

 

・運動の目的はカロリー減少ではない

運動の効果はカロリー消費だけではない

ストレスを軽減し、睡眠の質を向上し、

代謝、抗炎症、循環機能を改善する

運動は減量のための代償ではない。

人生を豊かにするツールである。

 

・何かを諦めるのではなく、もっと優れたものを取り入れる。

おやつにポテチやフライドポテトを食べられなくなったと

考えるのではなく

ブルーベリーとかイチゴとかを

食べられるようになって嬉しいと感じよう。

 

私はそれでも食べすぎてしまうから

気をつけねば

バナナとさつまいもが美味すぎる

 

・できないではなく、しないで選ぶ

ダイエット中だからケーキを食べることができない

ではなく

ケーキは食べたくないと

自己意識に基づく決定をしましょう。

そのような言葉を使うだけで

ポテトチップやチョコレートなどを

選択しづらくなるそうです。

 

・躊躇いなく残す 自己決定

食べものを出す量をコントロールしているのが

自分以外の場合

残すのは悪いことではない。

出す量を決めたのは自分でないのだから。

もちろん出した人も悪くない

誰も悪くない

 

NEATが重要

NEATNon Exercise Activity Thermogenesis

非活動性熱産生のこと

座りっぱなしをやめよう。

一駅分歩いたり、階段使ったりすれば

そのカロリー消費量は凄い量になるし

寿命も伸ばすことができるという

 

私はスタンディングデスクを使っているが

非常に快適である

 

・嫌いなものは食べない

健康的な食べ物は一つではないし

調理方法も一つではない

健康的でかつ自分の好きなものを食べる

好き嫌いはあっても良い

 

・健康のためのヒーロー食品を決める

ダイエットのために嫌いなものを

嫌々食べるというイメージを捨てよう。

そのために健康的なもので自分の好きなものを食べる

それをヒーローと位置づけ

いつもそばに置いておこう

 

しかし私は、ナッツとさつまいもは食べすぎるし

鯖缶も食べすぎるからヒーローにはなれない

にんじんかブロッコリーあたりだろうか

あと茹で卵

 

カロリー信仰で食べないで我慢するダイエットはやめよう

健康的な食品を食べよう

と勧めてくれる1

 

調子に乗ってバナナを食べすぎないようにしよう

何事もやりすぎは良くない。

 

ではでは

YJ FX!を開設してみた

留学準備

 

日本円から米ドルへの両替においては

最安で行えそう。

 

使い道は

プレスティア円普通預金口座からYJFX!へ入金

YJFX!で米ドルへ両替

YJFX!からプレスティアマルチマネー口座へ出金

(出金手数料1500円)

 

同じ時間で為替を見てみると

ソニー銀行         1USD= 104.86円 為替コスト0.1円

SMBC信託銀行プレスティア 105.71円 為替コスト1円(外貨積立で0円)

YJFX!           104.73円 

 

プレスティアは外貨積立にすると

為替手数料が0円になるけど

そもそも為替レートが

ソニー銀行やYJFX!と比べて1米ドルにつき1円くらい悪い。

 

為替そのものに

手数料がサイレントに乗せられている感じですな。

この辺は要注意です。

 

YJFX!は海外送金するために

プレスティアに出金しなくてはいけないので

その時の出金手数料は1500円

 

つまり

プレスティアは

10000ドルの両替で10000円かかる

イメージ

 

YJFX!は

為替手数料が無料、出金手数料が1500円なので

10000ドルで1500円

 

金額がそこまで大きくない時点で

結構違ってくる

 

旅行で小額ならプレスティア外貨積み立て

留学、駐在はYJFX!で両替してから

プレスティアに出金が正解。

 

もしアメリカでの生活で

現金を使う機会がほぼないのであれば

プレスティアゴールドじゃなくても

良さそうですね。

 

生活セットアップ時の現金は

プレスティアマルチマネー口座の米ドルをATMで引き出し

 

お買い物時の支払いは

SONY銀行デビットカード

プレスティアグローバルパスデビットカード

JAL USAカード 

ANA USAカード

 

現地の銀行口座作成後は

Transferwiseで送金

というのが

一番良さそう。

 

ではでは

メキシコ人漁師のジレンマとは

こんな感じのお話

 

あるメキシコの田舎町にのんびり漁師をしている男がいた。

それをみたバリキャリのアメリカ人ビジネスマンが質問した。

 

ビジネスマン:どう?漁師やってて儲かってる?

 

漁師:ぼちぼちかな。まあ家族が食うのに困らないくらい。

 

ビジネスマン:仕事以外の時間は何してるの?

 

漁師:家族と遊んだり、友達と飲んだり、ギター弾いたり、ダラダラ過ごしてる。

 

ビジネスマン:それはイけてないね。ダラダラ過ごしている場合じゃないよ。

もっと漁を頑張って稼いで、そのお金ででかい漁船を買って、

他の漁師も雇って拡大して稼ぐべきだ。

 

漁師:どうして?

 

ビジネスマン:そうすれば、お金も入るし、

仕組みを自動化することで時間が生まれるから

本当にやりたいことができるようになる。最高だぞ。

 

漁師:それは、確かにいいね。じゃあ頑張ってみるかな。

 

ビジネスマン:いいね、やる気に満ち溢れた表情だ。

もっと自由に使えるお金と時間があったら

どんな理想の生活ができるか想像してみろ。どうだ?

 

漁師:そうだな。家族と遊んだり、友達と飲んだり、

あとはギター弾いたりしてダラダラ過ごしたいな。

 

ビジネスマン:いいな。最高だ、15年、いや10年は死ぬ気で頑張れば、

そんな生活が手に入るぞ。

 

って感じのお話。

 

本当にお金と時間があったら付き合う人も変わったり

他の楽しみも知ることで理想の生活は変化するかもしれないし

 

めちゃくちゃ労力と時間のリソースを割いて

お金と時間の自由を手に入れても

結局好きなことは変わらないかもしれない。

 

どっちが正解とも言えない

だから漁師としてのスキルを伸ばして規模を拡大もするし

家族や友人と飲んだり、ギター弾きながら過ごすこともするべきなのだと思う

エネルゲイアである

 

もちろん

短期的には好きなことを遠ざけて

我慢を続けて追い込む時期

というものが人生には必要だとは思う。

(例えば受験戦争とか就職活動とか、

企業のスタートアップとか職人の見習い時期とか)

 

しかい未来は今の延長線上なので

今が楽しくない人は未来も楽しくない

 

私の好きなジョジョの奇妙な冒険第5部の

ブチャラティの言葉を思い出す。

 

「任務は遂行する」

「部下も守る」

両方やらなくっちゃあならないってのが「幹部」のつらいところだな

 

覚悟はいいか?オレはできてる

 

私自身はいつも覚悟が足りない。

やめる時間術 を 読んでみたので レビュー

尾石晴さん(ワーママはるさん)の

やめる時間術を読んでみたのでレビュー

 

外資系企業に勤めていたバリバリキャリア

ワーキングマザーが

時間の効率的な使い方について書かれた本です。

 

印象に残ったこと

1:隙間時間を活用するスキルを磨いても、時間不足は解決しない

2:朝活ができない人もいる

3:先にやらないことを決める

4:もともと会社員でバリバリ働くことが好きだったが変わった

5:早く行きたければ一人で行け、遠くまで行きたければみんなで行け

6:時間飢餓という概念

 

 

1:隙間時間を活用するスキルを磨いても、時間不足は解決しない。

隙間時間の活用は、多くの自己啓発書、ビジネス書で

推奨されていますし

実際に能力を高めるのに非常に効果的です。

 

そんな隙間時間の活用は

もちろん著者の晴さん自身も活用しており、

5分空いたらkindle本を読む

10分ならメールの返信をするなどのタスクを決めています。

 

しかし時間を作るための優先順位としては高くないのです。

非常に効率的かつ、自己成長を伴う行為なのですが

意思力を使い続けるため、これだけでは息が詰まり

習慣化できない人もいるのです。

 

まとまった時間で

本当にやりたいことをやるのことが

優先順位が高いと

改めて気付かされました。

 

2:朝活ができない人もいる

朝活も多くのビジネス書で推奨されている方法で

メリットとして家族に迷惑かけない

誘惑少ない(飲み会ない、テレビない)

脳が疲れていない

そのためその時間に意思力を必要とする仕事や学習や運動を

行うのが効率がいいとされています。

 

しかし朝起きて、意思力を必要とする仕事を

行うこと自体が、

辛くていつまで経っても習慣化できない人もいると

気付かされました。

 

その場合は効率が下がるかもしれないし、

脳は疲れているかもしれないけれど

確かに

夜に勉強や運動するのでも良い

ですよね。

 

習慣化の方が重要です。最近はそうしております。

何よりも朝寒いのでそれを乗り越えて走る事で

意思力を削り取られてしまうのは勿体無いです。

 

 

3:先にやらないことを決める

やりたいことの to do list よりも

やらないことの not to do listの方が重要度が高い

そしてnot to do の逆のことをしましょうという提言。

 

私なら 

・電話に出ない(逆:全部メール)

・職場の飲み会行かない(逆:職場でない飲み会に行く)

・我が子に媚びない(逆:我が子と対等に付き合う)

 

これが正解かはわからない。

正解なんてないか。

 

4:もともと会社員でバリバリ働くのが好きだったが変わった

著者は、外資系の会社でバリバリ働いて

管理職についてバリバリ働いて

一生それを続けていくものだと思っていたそうです。

 

なぜならば仕事そのものが面白かったからです。

 

しかしそれが理想の生き方とは違うと気づいたとのことですが

これは現在の生き方が理想に変わったという解釈をしました。

もちろんこれからも変わっていくのだと思います。

 

スティーブ・ジョブズでいうところの

*connecting the dots

(点と点が繋がって、結果として線となっていた という人生)

 

嫌われる勇気で言うところの 

エネルゲイア

(ダンスを踊ることを楽しんでいるうちに、

気がつけば今いる場所に移動していた 的な考え方)

 

ですね。

 

実際に仕事そのものが面白く

充実していて

時間のリソースを作れれば

さらにそれを仕事に再投資し、能力を高めていく

というのは楽しい作業だと思います。

それ自体がやりたいことにもなりうるのです。

 

この辺りはメキシコ人漁師のジレンマを思い出した。

fukkinwareru.hateblo.jp

 

 

時間とお金があったら何をしたいのか。

100億あってもそれをやるのか?

 

 

私自身も仕事は好きだし、トレーニングも好きだ。

しかしだらだらしたいし、甘いものも食べたい

子供ともっと遊びたい

 

20代の頃は、仕事終わりにビールを飲みまくって

カラオケ行って騒いで、最後にラーメン食べて

家に帰ってそれを全てトイレに戻す

と言う行為を何度もしていて

めちゃくちゃ楽しかったし

 

今でも

「あんなことするくらいなら、もっと別のことすれば良かった」と

全く思わない。

 

 

しかし、今は同じことは絶対にしない。

意味ないと気づいたのではなく

それに意味を感じなくなるように変わったのだ

 

その時の点があって、今の点があって

実はそれは繋がっている。

 

やりたいことや、目的は変化するものだ

人は欲張りなのだろう。

 

今はソファでゴロゴロしながら

チョコレートを食べていれば

足が速くなり、英語が話せるようになる方法が知りたいし

 

子供とマイクラやっているだけで

interestingな科学のアイデアを生み出したい

 

でもその方法が見つかってないから

全部やろう。

 

そんな今やりたいことも

徐々に変化していくだろう。

 

5:早く行きたければ一人で行け、遠くまで行きたければみんなで行け

アフリカの諺だそうです。

人に甘えてもOKと晴さんは述べられています。

 

私も個人でできることは限られており

会社というでかい船に乗っているからこそ力を発揮できると思っております。

組織に属することでやりたくないことや

付き合いたくない人なんてあることは当たり前で

それに嘆くよりも

メリットを享受しながら進むのが正解かなと感じています。

 

6:時間飢餓という概念

この言葉は初めて知りましたが

概念はいつも感じていたことなので

非常に納得できました。

 

どういう事かと言うと

後ろにスケジュールが入っていると

現在進行しているタスクの効率が下がると言う事です

 

例えば、1時間後に約束がある場合とない場合でする掃除では

約束がない場合の掃除の方が質が上がるという現象だそうです。

 

脳のワーキングメモリが

その後にあるスケジュールに使用されてしまうからですね。

 

これは

1の隙間時間をかき集めてもそんなに良くない

2の朝活が素晴らしいことばかではない

という理由とも繋がります。

 

要するに、意思力を使う仕事を

隙間時間でやったり、朝やったりするのは効率的な面もあれば

実は非効率だという側面もあると言うこと。

 

なのでその事実を知って

自分にどう生かすかが重要ですね。

最近は夜トレーニングや夜の執筆の方が習慣化できている。

隙間時間にtwitterを眺めることも許容している。

 

著者はワーママはるさんと言うお名前で

Voicyでの発信をしておりそちらも面白いのですが

著作も大変面白かったです。

 

他にもたくさんの有益な考え方が詰められていて

どんな立場の人が読んでも活用できる哲学が詰まっていると思います。

 

そんな私は

・ワンオペ育児をさせている側

・オンオペ家事をさせている側

長時間労働

のワーキングファーザーですが

本当に勉強になります。

 

全然関係ないですが

ワーママ の関連検索はこれ 

f:id:itsumohashiru:20210128162047p:plain

はるさん凄い 「疲れた」が4位

 

市民ランナー はこれ

f:id:itsumohashiru:20210128162041p:plain


 川内選手凄い 2位がうざい(笑)

 

バンドマン 彼氏 はこれ

f:id:itsumohashiru:20210128162035p:plain



 

隙間時間の鬼と感じた

ひろつるさんの本の感想も今度書こう

 

ではでは